カスタマイズ | ヘルプ

(6) 年代を越えたフリートーク
全ての年代の人共通のフリートークです。

  コメント返信ツリー表示一括表示トピック表示検索  

読んでいるだけではコミュニケーションは成り立ちません。
積極的に発言していいコミュニケーションを図ってみて下さい。
言葉使いは丁寧に。お互いが気持ちよく利用できるようにしましょう。

誹謗中傷・商業宣伝などの不適当な発言は勝手に削除させて頂きます。

LCHホーム へ

記事No.177 - Re:夏休みは如何でありましたか? へのコメントを返信します

記事タイトル
お名前
メール
ホームページ
文章欄
HTMLタグは使えません
http://〜とURLを記述すると自動的にリンクされます
改行は反映されます

画像認証
 

↓の記事に対してのコメント返信を書いています

Re:夏休みは如何でありましたか?
投稿者:リバークロス さん  ( posts:35, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/08/19 (火) 01:22 No.177 | 編集 | 削除

記事No.176 へのコメントです。

コメントどうもね。
今日6日ぶりに出社したら、なんだか面倒な問題が持ち上がっておりまして、これだから休むのが怖くなるんだと思いました。今の仕事をまだ十分に理解していないためでしょうが、知らぬ間にいきなりという形で問題が降りかかります。

夏休みは、映画館に行って、海に行って、あとは寝て過ごしましたね。映画館では、熊井啓監督の「サンダカン8番館娼館」と松本サリン事件を扱った「日本の黒い夏」(だっかな?)をやっていました。サンダカンの方は栗原小巻と高橋洋子が出ていて、なんだか少々違和感を感じました。30年近くも前の映画で、当時は結構話題になったとは思うのですが、居心地の悪さのようなものを感じました。栗原小巻の演じる女性のヒューマニズムへの違和感かもしれません。
あと、高橋洋子の恋人役の田中健。「へたくそ!」と叫びたくなりました。「そんなしゃべり方しないだろ」ってね。
しかし、一番印象的だったのは、観客の年齢層の高さでした。始まる前とか、終わってから後ろから客席を眺めてみると、おやじのはげ頭がいくつも見えました。おばさんも結構多く、「へえ〜」と思いました。映画館でこんなにもおじさんおばさんが多いというのも、あまり見たことがないと思います。
まあ、盆であれ何であれ中年の独身者にはあまり関係ないですね。季節ごとのイベントのようなものがありますね、盆や正月やクリスマスや節句やお彼岸やその他諸々の季節的なイベント。一人暮らしをしていると、そういう季節の区切りが無くなりがちで、一年は一様に過ぎていく感じです。盆は盆である前に、休日であるという側面の方が強いようです。

よかったですね、野菜をとって食べられて。野菜の微妙なおいしさが分かるようになるというのは、それだけ大人になった証拠ではないですかね。野菜それぞれにそれぞれのおいしさがあることが分かったり、ご飯粒がおいしいと感じたり、そういう味覚の変化があるような気がします。若さというのは一次元で、おいしいとおいしくないの間の一点にあるとすれば、年をとるというのは多元的になるのではないでしょうかね。(いい加減です。)
そう生活費が少なくて済むんなら、仕事をそれだけ少なくしたいですね。マックス・ウエーバー流に言えば、「資本主義の精神」から離れているんでしょう。生活費を少なくなったらその余剰分を投資し、さらに労働に励むというスタイルはとれません。
そういうことよりもなによりも、周りにある食べられるものをとってきて、それを料理して食べることや、必要なものを自分で作ったりする生活はいいですね。大地に根ざしているような、安心感というか、精神衛生にもよいのではないかと思います。金を稼ぐことがどれほどのもんじゃと思いますね。と思いつつも、失うものは鉄鎖のみというプロレタリアートの私としては、明日も仕事に出かけなければならないのですが。

どうでもいいことをたらたら書きましたが、これに懲りずにまた書いてください。

ではおやすみなさい。


LCHホーム へ ]
- TOP -

管理者:Crew
NICOLE's - WWWForum 3.7c