カスタマイズ | ヘルプ

(6) 年代を越えたフリートーク
全ての年代の人共通のフリートークです。

  新規投稿ツリー表示一括表示トピック表示検索  

読んでいるだけではコミュニケーションは成り立ちません。
積極的に発言していいコミュニケーションを図ってみて下さい。
言葉使いは丁寧に。お互いが気持ちよく利用できるようにしましょう。

誹謗中傷・商業宣伝などの不適当な発言は勝手に削除させて頂きます。

LCHホーム へ

最前 < 前頁 [ 2 / 7ページ ] 次頁 > 最後

■ はじめまして
投稿者:自我男 さん  ( posts:1, since 2003/07/25 )
HP:http://www.h2.dion.ne.jp/~udk/
投稿日: 2003/07/25 (金) 16:10 No.166 | 編集 | 削除

初めまして。酒飲みです。駄文を書き込ませて下さい。

>花瓶-【下宿学生と管理人】

学生の頃お世話になった方から花瓶が届いた。
奥深いえんじ色の美しい花瓶が届いた。

うれしくて部屋の中をグルグルと見まわすが、
この部屋の殺伐・殺風景には、こんな花瓶がとてもにあわないと気づく…

急に、あのころが懐かしくなった…

                 ●

  『すいません、また留年決定しちゃいました。もう一年ここに下宿します。』

「なんだ、また教授とけんかしたの?しょうがないですねぇ」

  『……奴は、人間のクズです。』

「授業出席しなかったら、レポート受け取ってくれないでしょう。先生だって人間なんだから、感情ってモノがおありでしょうから…
自我男さん、もう子供じゃないんだから、そのへんもっとうまくやらなくちゃ…」

  『……奴は、悪いやつです。』

「…まあまあまあ、でもまだ昼間なんだし、そんなに酔ってちゃダメですよ。
今日ぐらい反省しなさい。ハイ、今年もよろしく。
はぁ…、でもアンタみたいに純粋すぎる人は、社会にでても苦労するでしょうねぇ…」

  『今ほどの苦労はしない、と思いま…す、ヒック…』

                 ●

結果的に、学生はとてつもなく甘かった…。


しかし、今の私にもあの頃のあなたのような理解者がいてくれます。
いつかまた懐かしがれるのであります。

しょせん自分はお幸せな【おぼっちゃん】であるようです。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[3]:眠い・・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:24, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/07/23 (水) 22:21 No.165 | 編集 | 削除

記事No.164 へのコメントです。

今日は早めに帰れたので、途中のCDショップに寄ってきた。
眺めていたら買いたいものが幾つか出てきたが、結局モーツアルトの廉価版の「フルートとハープのための協奏曲」が入っているCDを買った。
ジャズでもなんでもよかったのだ、言葉が入ってなければ。
ときおり、本の文字の言葉も、テレビの喋る言葉も、一人での物思いの言葉も、全部聞きたくない、見たくなくなることがある。できるだけ頭のなかを空っぽにしたくなるときがある。
どのような言葉も、言葉である限り、重力があって、重く沈んでしまうような気分になることがある。
そういうときは切に音楽が聴きたいと思う。
今夜はそういう気分だというわけではないが。だから、こんなものを書いているわけだ。

書くことがないのに書いていると、なかなか進まない。

外は雨が降っている。
フルートとハープの音がしている。
眠くなった。
もう寝よう。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[2]:眠い・・・・
投稿者:胡桃 さん  ( posts:5, since 2003/02/24 )
投稿日: 2003/07/19 (土) 23:51 No.164 | 編集 | 削除

記事No.163 へのコメントです。

旅の途中。
そしてこれからの不安。。。

街道にある木々の一枚の葉が私ならば。
風が吹けば、この場所から落ち、吹かれてどこかへ行くのだろう・・・。
心を埋もれさせ、迷わせ、消えて終わりなのか・・・。
迷いそして悩める人達にとって絶えず繰り返される哀しみや苦しみ。
変わっていくこの世。
変わっているということ。。。

受け入れたら、受け入れたらいいのかもしれない。
今を受け入れることが出来たら自分の思いとは他に
変わっているということを受け入れたらいいのかもしれない。

変わらずに留まっていたいのに、めまぐるしく変わるこの世の中の
どこに身を委ねていいのだろうか。
立ち止まることの難しさ、ただ無機質に通り過ぎてゆく。

(私も独り言)



[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:眠い・・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:21, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/07/17 (木) 23:51 No.163 | 編集 | 削除

記事No.158 へのコメントです。

(自分でレスするというのも変なものだが。)
今日は普段の残業をさらに1時間残業してから電車に乗ったら、前の電車で人身事故があったそうで、JRから私鉄に乗り換え、さらにそこからまたJRに乗り換えという回り道をして、ようやく帰宅。やれやれだ。
乗換駅の見知らぬ街を歩いていると、どこかで一杯引っかけて行きたくなったが、明日も早いのでやめた。

帰宅途中でよく昔の歌を思い出す。
今日思い出したのは・・・

幻の道はいくつにも分かれ
どのように行くべきか
定かではなく
ただひたすらにレールの上を
真っ直ぐにゆけばと思うのだが
一時停車を試みてみたが
冷たい風は私の中を
狂気のごとくさまよい歩き
果ててこの世を去ることのみ
変わる変わる目の前が
変わってそれでお終いさ

というような歌。20年も以上前に斉藤哲夫が歌っていた。

眠い。もう寝よう。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[6]:例えば・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:14, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/07/13 (日) 22:35 No.162 | 編集 | 削除

記事No.161 へのコメントです。

どうもこんばんは。
柳田国男が、日本の固有信仰として、日本人の魂は地獄や天国に行くのでもないし、三途の川を渡ったりしない、長年住み続けた村から見える小高い山の上に行くのだと書いていたように思います。
盆や正月にはその魂がその家に帰ってきて、生きている人たちと何日間か暮らすのだと。だから、死者の魂は現世と切り離されるものでないと。
お盆の時は道の端や村はずれで迎え火を焚いて、死者の魂を迎える儀式があり、帰るときには家の人が送り火を焚くという習慣があったようです。
死んだ人の魂はその小さな火を目当てに降りてくるのだそうです。

テレビで、おばあさんと孫が死者の魂を提灯を持って迎えに行き、帰ってくると、家に残っていたお母さんが玄関でおじぎをしていました。それはおばあさんと孫にお辞儀をしたのではなく、その後ろからついて戻ってきた魂に対してだとのことです。

そういう夏の夜に蛍が居るわけです。
蛍というのは何かそういうあの世とこの世の間を行き来しているように見えないこともありません。

数年前に、年末恒例の第9の演奏会を聴いたとき(アマチュア楽団による)、アンコールとして「蛍の光」が流れ、聴衆が合唱しました。何十年ぶりにそれを歌ったわけですが、けっこう感動しました。

蛍の光 窓の雪
文読む月日 重ねつつ
いつしか年も すぎの戸を
あけてぞけさは 別れゆく

卒業式の時歌う歌ですが、この世とのお別れのようにも聞こえます。
立原の「のちのおもひに」にも通じるようにも思います。
(てなことで。)

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[5]:例えば・・・
投稿者:胡桃 さん  ( posts:3, since 2003/02/24 )
投稿日: 2003/07/11 (金) 23:53 No.161 | 編集 | 削除

記事No.160 へのコメントです。

こんばんは〜〜〜。

トイレと裸電球のように夜の闇は深く濃かった。
私達は新しいエネルギーを考えるより電気を消すことを考えた方が
いいのかもしれません。
四方から風が吹き込む中で蝉の声を聞きながら瞑想する。
自然と人間、あの世とこの世を考え、夏の一日を過ごしていませんか?
クーラーや照明に頼らず、風と太陽の心地よさを気づくとことができる
はずです。

闇と光は、表裏一体。

一世代前はお盆といったら故郷に帰って祖先や自然、つまり自らの紀元
に触れる時間が存在しました。
故郷が無い子供達は人工物の中、精神の尊さを知る術を失っているのかも
しれません。
そんな子供達にとって、作られた川に蛍が舞ってもペンライトの明かり
程度にしか写らないのではないでしょうか。

全員が手に掴むことが出来る光より、山奥のたった一匹の蛍がどれだけ
子供の胸に響くか図りしれません。

以上。毎度意味不明だったらご免なさいm(__)m

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[4]:例えば・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:13, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/07/10 (木) 22:14 No.160 | 編集 | 削除

記事No.159 へのコメントです。

どうもこんばんは。
帰宅途中の中華やさんで読んだ朝日新聞に、長崎で起きた幼児を屋上から投げ捨てて殺してしまった事件に関連して、ネットでの人権侵害についての記事がありました。この中に犯人が居るとして、ある中学校のクラスの顔写真を掲示板に張り付けたり、3人の本名を書き込んで、この中に犯人が居るとしたり、そんな例が幾つか書かれてありました。
人権がどうのとは言いませんが、嫌な感じがします。吉本隆明が講演を行っていたとき、聴衆のヤジに怒って「表へ出ろ表へ!」と叫んだということを昔何かで読みましたが、そういうことです。

ネットがない時代は、もっと夜の闇は深く濃かったように思います。ネットで誰彼となくつながる状況というのは、私には夜がネオンで明るんでいる街を想像します。暗黒の深い闇が消えているのでしょう。
一人で部屋にいるときは完全に一人で、一人で闇と戦わざるを得なかったように思います。
蛍の美しさは、その深い闇を背景にしているからではないでしょうか。ネットで楽につながる社会では、ほんのりと明るいということは見えにくいのでしょう。強烈な自己主張や驚くようなことを書かないと誰も気づかない。

だからさ、言いたいのは、ネットから一時離れて闇を見つめてみないか、傍らにいる人をまじまじと凝視してみないか、ということです。そういう体感が大事じゃないかということです。
(ということをまじめに考えているわけではないですが。)

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[3]:例えば・・・
投稿者:胡桃 さん  ( posts:2, since 2003/02/24 )
投稿日: 2003/07/09 (水) 22:46 No.159 | 編集 | 削除

記事No.157 へのコメントです。

痛いですねぇ〜〜。

人は誰でも喋りたい。

注目を集めやすいタイトルに集まる人の多くは、世間の風変わさを探しているのかもしれません。
テレビに対する独り言のように、揚げ足取りや無責任な発言が閉鎖された個々の部屋から発せられる、コミュニケーションとしてではなく、自らが喋りたい欲求を満たす為の行動として考えられないでしょうか?

思考から来る会話ならば相互にトピを発展させられるのですが、風変わりさへの冷やかしは第3者にとって不愉快なものです。
(テレビの場合=ワイドショーな報道番組やアイドル実況のプロ野球中継)

携帯・テレビ、ネットは便利である一方、自分の心身や周りの環境に起きている微細な変化を全く無視した仮想現実をも実現できるほど没個性的な社会を導いている面が目立ってきているような気がします。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 眠い・・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:12, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/07/09 (水) 22:26 No.158 | 編集 | 削除

寝るのが一番だ。
目を閉じて眠りに入るその間際が一番幸せかな。
子供のころ眠れなくなって番号を数えたことが懐かしい。100まで数える前に寝入ってしまった。100まで数えたのに眠れなかったときは焦ったけど。
意外に楽天的なのか、よく眠れる。仕事が滞っているのだけど、寝るときは寝てしまう。無責任なのかね。不眠で苦しむということはほとんどない。

一人暮らしが長いが、同棲していたとき、よく歯ぎしりしているとか、変な音を出して眠っているとか言われた。夜中に、猫がその音を出して眠っている私を首を伸ばして眺めていたと、その女性に笑われたことがあった。今でもそんな音を出して寝ているんだろうな。そう思えば、我ながらおかしい。

今朝の明け方、その女性の夢を見た。どこかの一軒家に二人で入っていって、ガスコンロに火を付けるところで目が覚めた。その先はどうなるのかもっと続きを見たかったが。

夢から夢へ。覚めることのない夢を見続けて一生を過ぎ去るのかね。
臨終の際にハッと目が覚めるんだ、たぶん。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[2]:例えば・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:5, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/05/14 (水) 19:39 No.157 | 編集 | 削除

記事No.156 へのコメントです。

Crewさん、こちらこそよろしくお願いします。
レスのやりとりにそれほど熱心ではないと思いますが、適当に独り言を書かせていただきますので、大目に見てやってください。

ときおり、いろいろな掲示板をのぞいたりすると、活発に発言があるところはそれ相応にトラブルも多いように見えます。匿名で書くことによる本音を吐き出せることや気軽さと無責任さが同居して、言葉のぶつけ合いに発展しているような掲示板も見受けられます。読むに耐えないですね。
こういうネットの掲示板って、不思議なものだなと思います。ふれあいを求めて逆に傷ついているような人もいるように見受けられます。こういう掲示板というのは、そこに参加する人を麻薬のように麻痺させるものがあるのでしょうか。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:例えば・・・
投稿者:Crew [管理者] さん  ( posts:4, since 2003/05/12 )
投稿日: 2003/05/12 (月) 22:24 No.156 | 編集 | 削除

記事No.155 へのコメントです。

「独り言」に返事をするのもおかしな話ですが…

私がここにこのHPを開設したのは、まだ黎明期だったインターネットのバーチャルな世界だからこそコミュニケーションを大切にして欲しい、という考えからです。これは当初から変わっていません。ただ、インターネットを取り巻く状況がなかなかこれを許さなくなってきているのは皆さんが見ている通りのことだと思います。

今は30代向けにはここよりも数段楽しいHPがあるでしょう。私がHPを開設し始めた時期とは全く状況が変わっています。また、個人情報の扱いも以前とは比較にならないほどセキュリティを高くしておかなければならなくなりました。

元々私は、極力メールアドレスを明らかにして、掲示板の返事ではなくても直接返事を伝えてあげられるように、というつもりでした。ところが今では迷惑メールの温床になる可能性があるため、それもかないません。また、私が直接返事をしないで済むCGI形式にしたのもコミュニケーションの薄さにつながる何らかの原因になっているのかも知れません。

でも、やはり誰かと交流したいという意識は誰にでもあるのではないでしょうか。それが誰かに聞いてもらいたい「悩み」がきっかけだったとしても。

悩みの書き込みへの返事は直接その悩みを解決できるものとは限りません。でも誰かが「聞いてくれた」ということが心境を変化させるきっかけにもなると思います。そういう、いい意味の影響を考えてHP運営を続けていきたいと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

Crew

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 例えば・・・
投稿者:リバークロス さん  ( posts:3, since 2003/05/02 )
投稿日: 2003/05/06 (火) 22:17 No.155 | 編集 | 削除

例えばここに、
「苦しい」
と書けば、苦しさが少しは緩和されるのだろうか。
苦しさのよって来るところを具体的に書けば、私もそう思うという人が現れて、共感されるのだろうか。共感されて気が楽になるのだろうか。
オープンに? こころを開放する?
(否定しているわけではないですよ、単なる独り言です。)



[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

投稿者削除
投稿者:  
投稿日: 2003/04/05 (土) 02:19 No.154 | 編集 | 削除

投稿者削除


投稿者削除
投稿者:  
投稿日: 2003/01/21 (火) 12:49 No.153 | 編集 | 削除

投稿者削除


■ 自然が好きな人は
投稿者:山猫亭 さん  ( posts:1, since 2002/11/30 )
HP:http://homepage3.nifty.com/~yamaneko/
投稿日: 2002/11/30 (土) 20:07 No.152 | 編集 | 削除

 30年代の、1968年生まれの人用掲示板には2回ほど書き込ませて頂いた山猫亭です。こちらの掲示板では初参加になりますので、自己紹介を。自然が好きな大阪府在住の34歳です。参加している野外活動のサークルに関するHPを開いています。自然が好きな人や、アウトドア派の方は、お時間のあるときに一度見ていただければ幸いです。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:少しだけ…気持ちを置きにきました…
投稿者:ももくり さん  ( posts:2, since 2002/11/16 )
投稿日: 2002/11/16 (土) 01:15 No.151 | 編集 | 削除

記事No.139 へのコメントです。

なんだか いたたまれなくなってかいてしまいました。

人はよく「頑張って」「前向きに」というけれど
何をどう頑張るのか どっちが前か後ろか わからないんですよね・・・。
誰かに相談したところで 何がどう変わるわけでもない、
人に話して気持ちが楽になる程度の悩みではないんでしょうね。

ほんのちょっとしたことでもいいんです。
朝道端で咲いてた小さな花を可愛いと思ったことや
空がきれいだと思ったことなんかを 私は大きな木に抱きついて
話し掛けてました。毎回報告する「小さな幸せ」を自分で
探しながらね。

どん底から上に這い上がるには 小さなきっかけと
小さな幸せ探しからでした。


事情がわからず のコメントですが・・・・
 

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 驚いてないみたいだけど、驚いてるのよ。
投稿者:越後姫 さん  ( posts:13, since 2002/04/20 )
投稿日: 2002/08/10 (土) 23:13 No.150 | 編集 | 削除

60の手習い!?
実家の母が、運転免許、を取得したそーな。
やっぱし・・!という感が強い。(笑)
実は、自動車学校のバスに乗っていくとこを、みかけたことがあったのだ。
でも、父さえも何も言わないから、私にナイショにしてるんだと思って
あえて何も問いださなかったんだけど・・。
まー、気をつけて運転してくださいね!・・というしかないよね。(-_-;)
我が母ながら、驚き・・。(゜o゜)

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ どういうめぐりあわせなんだか
投稿者: さん  ( posts:1, since 2002/07/29 )
投稿日: 2002/07/29 (月) 03:10 No.149 | 編集 | 削除

膠原病発症のようです。家系です。
こどもはふたり。
ダンナはやさしい
しあわせです
話が変わりますが幼少時に性的虐待を父方祖父にされ
母親は知っていたのに保身から放置し
私を「いやらしい」と責めました
のみならず陰核欠損で
性的興奮も一応したりした記憶はあるのですが
途中からまったくシャッターが降りたように平常心になってしまいました
私は「どこまでも現実を見るように」という
修行なのかなこれはとおもうほどで。
とりあえず逃避できる手段とすれば酒と音楽
身体を考えるとそれを頻繁にできる状況ではない
いつかなひとは死ぬのはわかっています
でも。
ずーっと調子悪いまま寿命あと10年くらいかなーなんて。

こころが逃げる手段すらない。
アル中の母親にはなりたくない。雑事は山のよう
10年経ってもこどもたちはまだ成人ではないというのに
こどもも何もかも放り出して自分のこころのケアをしたい
状況は赦さないのはわかっているというのに。
幼稚園児のペニスに嫉妬しアルツハイマーの老婆の陰核に嫉妬します。
未来のあるペニス
十分生きた陰核。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[2]:ショック!です
投稿者:toto さん  ( posts:3, since 2002/03/22 )
投稿日: 2002/06/25 (火) 22:38 No.148 | 編集 | 削除

記事No.147 へのコメントです。

有り難うございます。
前に、血液検査に少し出ていて、予防方など聞いたのですが
「美味しい物の食べ過ぎだ」と言うだけで、しっかり教えてもらえず
次の血液検査からは、ずっと出ていなかったので、
安心していたのですが・・・
お酒は、飲まないのですが・・・・
海老、ホタテ、カニ、私の好物ばかりです。
あー困りました・・・
後々のこと、考えれば・・・・・我慢する事に、します。
薬もありますが、食事療法でとおっしゃって、頂いたのが、
少し気が楽になりました
本当に有り難うございました

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:ショック!です
投稿者:とうりすがりの人です^^ さん  ( posts:1, since 2002/06/25 )
投稿日: 2002/06/25 (火) 00:11 No.147 | 編集 | 削除

記事No.145 へのコメントです。

うちの父が痛風です。
病院で検査すればそうかどうか、すぐわかります。
お酒はよくのみますか?
ビールや日本酒はよくないみたいで、焼酎の割ったものを少し程度ならいいみたいですよ。
それから、プリン体というものを、おおく含む食べ物を避けましょう。
これは、かに、えび、ほたて、、そんなものに、よくふくまれます・・・
検索してしらべてみてください・・・
美味しいもの食べ過ぎると痛いことになるようで、薬もありますが、食事療法で
地道に調整していくのがいいのでは?
うちの父、、目の前でホタテ、海老食べる娘に耐えて頑張ってます。。。
尿酸値あげないように、がんばってね・・・
あと、痛みが出るところは、ひとによるみたいですよ・・・
うちの父は足のかかと付近らしいです〜

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 四十にして惑わず・・じゃないのか!?
投稿者:越後姫 さん  ( posts:10, since 2002/04/20 )
投稿日: 2002/06/24 (月) 23:47 No.146 | 編集 | 削除

隣の若夫婦&こども。
新居を建てて、年寄りを置いて出て行った。

夫の友人夫婦。
結婚約20年目で離婚。

共に40代のご夫婦の話。
「四十にして惑わず」じゃなかったのか!?
惑わない結果が、こうなったのか!?

どちらにしても。
「嫁」という立場の人間が悪く言われるのは、
同じ「嫁」としてかなわん。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ ショック!です
投稿者:toto さん  ( posts:2, since 2002/03/22 )
投稿日: 2002/06/21 (金) 18:46 No.145 | 編集 | 削除

今とても、めいっております。
この所指の先が少し、痛いような気がします。
どなたか、痛風に詳しく治る方法教えてくださいませんか?
お医者さんに、行けばいいんでしょうが・・・・・

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

事情はわからないけど
投稿者:キット さん  ( posts:3, since 2002/05/25 )
投稿日: 2002/06/03 (月) 18:11 No.143 | 編集 | 削除

記事No.139 へのコメントです。

余程の事のようですね。
元気出してください。

こうしなくちゃならないとか先の事を考えて不安になるより
生きているだけで儲け!みたいな考え方もあります。

きっとあなたに誰かが想いを発してくれていると思います。

変に頑なにならずに自分の身の周りをもう一度観まわす(観というところが
ミソです)のもひとつの方法じゃないかな。
捨てる神あれば拾う神あり・・、案外自分の原点に戻るなんてぇのもいいかも。

勝手に憶測で書いていますが、的外れならお許しを。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

同じ人いた・・・。
投稿者:yoshi さん  ( posts:1, since 2002/05/27 )
投稿日: 2002/05/27 (月) 00:27 No.142 | 編集 | 削除

記事No.139 へのコメントです。

初めてここに来ました。

「あらっ?私、書込みしたっけ?」って思うくらい、同じ気持ちの人がいるんだぁ。
妙に、ホッとしたりして・・・。私だけじゃないんだなぁって。


>必死に生きています…。
>がんばらなくっちゃ…。

この後に、「誰か助けて」って声が聞こえてきそう。
叫べたら少しは楽になるでしょうけど、それも出来ない状態なんでしょうね。

nanaさんにとっての救世主が現れたらいいですね。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

孤独の女神さんへ。。。
投稿者:nana さん  ( posts:2, since 2002/05/19 )
投稿日: 2002/05/20 (月) 22:34 No.141 | 編集 | 削除

記事No.140 へのコメントです。

丁度2年前、どん底まで落ちて… 
死ぬ事ばかり考えてた半年後に 救世主が現れました。
でも、まだ 底で もがいてます。
自分が選んだ道だから、仕方がないと思いつつ、
現実を見つめながら、逃げ道を探し求めています… 

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:少しだけ…気持ちを置きにきました…
投稿者:孤独の女神 さん  ( posts:3, since 2002/03/17 )
投稿日: 2002/05/19 (日) 10:50 No.140 | 編集 | 削除

記事No.139 へのコメントです。

おはよう nanaさん。

>何もかもに 行き詰まって しまっています…。
>死にたいくらいに 苦しくて…。
>でも 逃げる事は できなくて…。
>必死に生きています…。
>がんばらなくっちゃ…。

何があったんだろ…って思います。
頑張らないで…頑張っていこうね。
難しいけど…
でも 行き詰まった時はとことん堕ちてみるのもひとつの手かなって思います。
私はそう。
以前 ”その人間に耐えられない程の逆境を神様は決して与えない。その困難に耐えられる人間にそれなりの困難が与えられている。” みたいなこと言われたけれど そんなのひどいなって思う時がよくあります 私にも。
ならグレてやる みたいな(苦笑)

自分の中だけでそっと”グレる”のって結構救われたりしました。私は…
意味もなくレスしてしまいましたけど 久しぶりにここにきて自分が本当に追いつめられていたときのこと思い出して書きました。

BE HAPPY! 

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 少しだけ…気持ちを置きにきました…
投稿者:nana さん  ( posts:1, since 2002/05/19 )
投稿日: 2002/05/19 (日) 00:21 No.139 | 編集 | 削除

何もかもに 行き詰まって しまっています…。
死にたいくらいに 苦しくて…。
でも 逃げる事は できなくて…。
必死に生きています…。
がんばらなくっちゃ…。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[2]:今どきのお見合いって・・・
投稿者:ひいらぎ さん  ( posts:16, since 2001/01/18 )
投稿日: 2002/02/27 (水) 21:29 No.138 | 編集 | 削除

記事No.137 へのコメントです。

こんばんは。
ミルフィさん、ありがとうございます〜!

実は、明日お見合い決行だったので悩んでいました。
さっそく参考にさせていただきます。
何か、間に入った者がドキドキしてしまい、肩に力が入っちゃって・・・笑
そうですよねぇ、気楽にしていればいいんですよね。
心配性なもんで、うまくいかなかったら自分のせいになるんじゃないかって
思ってしまい、主人にはそんなに責任感じなくてもいいんじゃないの?
って言われるし・・・

なるようになるさ。
行ってみたいお店があると聞いたので、そちらでひきあわせて2人にすることに
しました。
あとは本人次第ですよね。
気が晴れてきました。よかったぁ。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:今どきのお見合いって・・・
投稿者:ミルフィ さん  ( posts:2, since 2002/01/17 )
投稿日: 2002/02/27 (水) 18:19 No.137 | 編集 | 削除

記事No.135 へのコメントです。

参考になるかどうかわからないけど。。。
写真と身上書の交換は済んでいるんですよね?
。。ということは、双方とも「逢ってもいいかな」くらいは
考えているとは思います。

私も20年近く前になりますが、お見合いしました。
今の主人となんですけど、初回から2人だけでした。
そんなに最初から話が盛り上がるわけではありませんけど、
3時間近く、話していたと思います。

私の友人を主人の従兄弟や友人に紹介したことも2回あります。
1組は結婚して、今もつき合いがありますが、
お見合い(紹介)の席には立ち会ってません。

あまり形式にこだわらずに気楽に紹介してあげたらどうでしょうか。
間に入った人が気を使いすぎて、話題が絶えちゃいけないと、
1人ではしゃいでる、というのも実はよく見かけます。

年齢的にも落ち着いてらっしゃる方のようですから、
お気に入りのお店を伺って、そちらで引き合わせるというのも
いいかもしれませんね。
立ち会うかどうかも男性の意向を伺った方がいいかもしれません。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:また、失敗。
投稿者:ぬ〜ぼ さん  ( posts:1, since 2002/02/20 )
投稿日: 2002/02/20 (水) 10:48 No.136 | 編集 | 削除

記事No.134 へのコメントです。

こんにちは。
MIDIファイルまたDLできるようになってよかったですね。

ファイルの送り先ですかぁ
うちでよければお願いしたいぐらいですが・・・
でもきっとMIDI仲間は見つかるとおもいます。
ちなみに私は相手がADSL回線の友人に多く送るようにしています。
これなら画像とMIDIとの重ね技メールでも気兼ねしませんし。

また、送る友人とはよくテレビドラマの話をメールでやり取りしています。
ですから、そのドラマの曲とか手に入った時は
メールの内容と曲をタイアップして楽しんでいます。

MIDIでカラオケもいいですよね。
今は歌詞がのっているサイトもあるので
とても嬉しいです。(合法か違法かはよくわかりませんが・・・)

また、いろいろなMIDIの楽しみ方を情報交換できたらと思います。
宜しくお願い致します。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

最前 < 前頁 [ 2 / 7ページ ] 次頁 > 最後

LCHホーム へ ]
- TOP -

管理者:Crew
NICOLE's - WWWForum 3.7c