カスタマイズ | ヘルプ

(2) LCH 連絡掲示板
LCH からの連絡をお伝えする掲示板です。

  新規投稿ツリー表示一括表示トピック表示検索  

読んでいるだけではコミュニケーションは成り立ちません。
積極的に発言していいコミュニケーションを図ってみて下さい。
言葉使いは丁寧に。お互いが気持ちよく利用できるようにしましょう。

誹謗中傷・商業宣伝などの不適当な発言は勝手に削除させて頂きます。

LCHホーム へ

この記事No.17 を本当に削除しますか?
(この記事以下の全てのツリーを含む)

削除をするには管理パスワードが必要です。
管理パスワード:

■ コンピュータウィルス「Nimda」にご注意下さい
投稿者:Crew [管理者] さん  ( posts:19, since 2001/01/16 )
投稿日: 2001/09/19 (水) 21:42 No.17 | 編集 | 削除

今まで、コンピュータ・ウィルスと言えば、「メールの添付ファイルを実行しなければ大抵大丈夫」だったのですが、今日から猛威を奮っているコンピュータ・ウィルス「Nimda(ニムダ)」は、悪意のある(または改ざんされた)ホームページを見ただけで感染してしまう、という「恐ろしさ」を持っています。
Windows 環境の Internet Explorer 5.01 (SP1含む) 5.5 (SP1含む) の場合、修正パッチ対策を行う事が必要です。
自分の Internet Explorer のバージョンはツールバーの
「ヘルプ」-「バージョン情報」
を選べば確認することができます。

最新の情報として、マイクロソフト社のホームページ
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/nimdaalrt.asp
に詳しい情報が出ています。
この情報によると、Internet Explorer 6.0 にバージョンアップしても対策が完全でない場合があるようですので、ご注意下さい。

修正パッチは、マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP290/1/08.htm
を参照して対策するようにして下さい。

ただし、この対策版は IE 5.01 , 5.5 とも、SP1 の版になっていることが前提です。
今は 5.01 , 5.5 とも この問題を修正した SP2 が出ていますので、この機会にバージョンアップされることをお勧めします。
IE 5.5 SP2 は
http://www.microsoft.com/downloads/search.asp?LangID=13&LangDIR=JA
から製品名
Internet Explorer 5.5 SP2 and Internet Tools
を選べばセットアップすることが可能です。

また、Internet Explorer 6.0 は、同じホームページから製品名
Internet Explorer 6
を選んで下さい。

ただし、いずれのバージョンアップの場合でも、「お気に入り」の順番の変更や追加がされているなど、バージョンアップ前と多少異なる点があります。ご注意下さい。

ウィルスの詳細な情報はコンピュータウィルス対策ソフト製作会社シマンテック社のホームページ
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/nimda.html
から W32.Nimda.A@mm に関する情報の部分をクリックして確認して下さい。
当然メールによる感染もしますし、サーバに対しての頻繁な攻撃も仕掛けるようです。
先ほどから CGI Execute BUSY のメッセージが頻発して出ているようですが、このコンピュータ・ウィルスの影響と考えることもできます。

当然ながら、ウィルス対策ソフトの導入と、最新パターン(9/18 以降)にしてのウィルスチェックも行って下さい。現在は駆除専用のプログラム(ツール)は提供されていないようです。

コンピュータ・ウィルスは自分自身が知らない間に「加害者」になるものです。
どれだけ注意をしても完全に防ぐことは難しいです。
最低限、
「変な名前のメールの添付ファイルは開かない(クリックしない)」ことと、
「ウィルス対策ソフトを購入し、常に新しいパターン(定義)ファイルに更新しておく」ことは心がけて下さい。

Crew

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

LCHホーム へ ]
- TOP -

管理者:Crew
NICOLE's - WWWForum 3.7c