カスタマイズ | ヘルプ

(1) 30代フリートーク
現在30代の方のフリートークの場所です。

  新規投稿ツリー表示一括表示トピック表示検索  

読んでいるだけではコミュニケーションは成り立ちません。
積極的に発言していいコミュニケーションを図ってみて下さい。
言葉使いは丁寧に。お互いが気持ちよく利用できるようにしましょう。

誹謗中傷・商業宣伝などの不適当な発言は勝手に削除させて頂きます。

LCHホーム へ

現在


[ 1 / 3ページ ] 次頁 > 最後

■ もう、後半
投稿者:マンゴヤン さん  ( posts:1, since 2011/10/13 )
投稿日: 2011/10/13 (木) 18:29 No.88 | 編集 | 削除

つい最近まで、三十路越えと言ってたのが、なんやかんやで、30代後半。おっさん真っ最中。独身でやってまいりました。もう、独身貴族まっしぐら!と言っていた矢先に私に春が訪れました。

いやはや。。


希望はやはり、もつべきですね。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[2]:禁煙
投稿者:あい さん  ( posts:2, since 2007/05/17 )
投稿日: 2007/05/18 (金) 16:54 No.87 | 編集 | 削除

記事No.86 へのコメントです。

 アドバイスありがとうございます。ダンナ自身に禁煙の意志がないから精神的操作ですね。子供はいないんです(^^;)前に私が肺がんで死んだらどうする?って聞いたら俺も死ぬって言われたんですよ・・なるはずないって思ってるのか 友達のダンナさんは外で吸うそうなんですよ。その友達にまさか同じ部屋で吸ってるの!?って驚かれました。だから私は大事にされてないんだなあって(;;)禁煙で検索かけてみますね。ありがとうございました

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:禁煙
投稿者:Crew [管理者] さん  ( posts:1, since 2007/05/17 )
投稿日: 2007/05/17 (木) 22:23 No.86 | 編集 | 削除

記事No.85 へのコメントです。

うーん、禁煙ですかぁ。私はタバコを1度も吸ったことがないので的確なアドバイスができるかどうか、ですけど。
(1) 肉体的操作
・医者から「禁煙用」の注射をしてもらう
  そういう薬があるという話です。日本でできるかどうかがわからないけど。(苦笑)「禁煙 注射」で検索してみてください。
・「禁煙薬」を飲ませる
  これもそういう薬があるそうです。だんだんとタバコがまずくなるとか。「禁煙 薬」で検索してみて下さい。
(2) 精神的操作
・「子供のためにやめて!」と懇願する。実際、子供の前では吸わない人が多いようです。
・「私もガンにさせるの?」と問い詰める。「副流煙」は怖いそうですし。

その他にもいろいろと「手だて」はあると思います。「禁煙」というキーワードでインターネットを検索してみるのがポイントです。禁煙に悩む奥さんは多いと思います。近所でチームを組むのもいいと思いますよ。

Crew

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 禁煙
投稿者:あい さん  ( posts:1, since 2007/05/17 )
投稿日: 2007/05/17 (木) 10:31 No.85 | 編集 | 削除

 こんにちは。ダンナに禁煙してほしいのですがいい方法ないでしょうか?アドバイスお願いします

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ ☆背の高い女性と出会いたい!
投稿者:井上直人 さん  ( posts:1, since 2007/03/11 )
投稿日: 2007/03/11 (日) 17:51 No.84 | 編集 | 削除

僕は、身長183cmのVoです。未だに、'80年代前半の英国NW系ロックを愛聴してます。あとテクノ、モダンジャズ。クラシック音楽や写真、美術にも興味があります。休日一緒に遊べる、煙草吸わない方、手紙下さい。

申し訳ありませんが、eメール、携帯電話は、不可です。

〒170-0011
 池袋本町3-9-1-403
 井上直人

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:三十路突入。
投稿者:福蔵 さん  ( posts:1, since 2007/01/18 )
投稿日: 2007/01/18 (木) 17:54 No.83 | 編集 | 削除

記事No.82 へのコメントです。

気にする事ないよ。三十路という言葉によって、一区切りされてはいるけど、30歳を過ぎても中身はそう変わりません。
結婚にしてもそう。急いで結婚しても良い事ばかりではないし、この人だって思っていても、うまくいかなかったり。
周りの人の事を気にしたら疲れちゃうよ。あくまでも自分は自分。良い出会いや良い事だって、他の人が経験できない事が出来るかもしれないよ。
肩の力を抜いて・・・ねっ!

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 三十路突入。
投稿者:マカコ さん  ( posts:1, since 2007/01/06 )
投稿日: 2007/01/06 (土) 22:54 No.82 | 編集 | 削除

2月で三十路になります。おまけに独身です。
なんだか三十路になるのは覚悟がいりますね。
20歳になると成人式がありますが、30歳になる時も
そういう儀式があれば腹をくくれるのにと
思います。30になると
友達や周りが結婚していき子供まで生まれて
なんだか、最近取り残された感があります。
誰か話し相手になってください。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re[2]:またまた寒いですね
投稿者:福蔵 さん  ( posts:1, since 2006/09/28 )
投稿日: 2006/09/28 (木) 23:56 No.81 | 編集 | 削除

記事No.80 へのコメントです。

はじめまして。福蔵と申します。初めての投稿ですが、よろしくお願い致します。
ルクルトさん、辛いですよね。僕も、今年の2月に、調停の末に離婚しました。原因は、昨年の2月にうつ病が発症し、それが原因で別居。それから妻は、僕とは話し合おうとはせず、5歳の息子と共に、帰ってはきませんでした。病気が元で、職場も休職。復帰したのですが、調子は戻らずに、事実上解雇となりました。友人の伝で、再就職したのですが、無理して再就職したせいで、パニック障害も併発し、またもや休職の末に解雇。良い事なんて無いと思い、自殺も何度か考えました。(危なかった事も2度ありましたが・・・)入院してみたものの、主治医から「性格治していきましょう。」とか、実父親に「社会人失格」とまで言われ、お先真っ暗って感じでした。幸いにして、僕を支えてくれる女性がいてくれて、今は闘病生活中です。その女性もうつ病なんですけど、力を合わせて生きています。
うつ病が発症してから、息子に会えないことが、1番辛かった。それは、今でも変わりません。10年間連れ添って信用してきた妻に見放され、やっと5年目にできた待望の息子で、お爺ちゃん並みに可愛がっていた息子との別れは、非常に辛いものです。妻の実家に何度も行き、息子と会わせてもらえるように交渉しましたが、随分と嫌われたものでした。
今、信用できるのは、現在通っている病院の主治医と、彼女だけです。”病気のせいで・・・”なんて、よく思いますが、そんな事言ってても仕方がないと、自分に言い聞かせています。
今は気分転換にサッカーをしています。息子の事を紛らわすかのように、犬も飼いました。サッカー仲間も、いい人ばかり。愛犬も、すごく可愛くてしかたありません。今後、自分でもどうして良いかわかりませんが、どうにかするしかありません。ルクルトさんの気持ちなんて、誰もわかってくれないかもしれません。でも、わかろうとしてくれる人はいるはずです。自分を信じて、お互いに前に進みましょう。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:またまた寒いですね
投稿者:ルクルト さん  ( posts:1, since 2006/04/13 )
投稿日: 2006/04/13 (木) 14:14 No.80 | 編集 | 削除

記事No.79 へのコメントです。

桜、群馬の前橋は風とともに散りはじめました。桜の咲き始めの頃、妻と離婚が決まり現在に至ってます。こんな気持ちで桜が散ってる姿をみると、また涙がこぼれそうになります。離婚のきっかけは仕事を失い金銭的に厳しくなった事と、ついつい怒鳴ってしまった事。妻には未練はありません(産休終了とともに妻は仕事復帰し自立できると踏んだ為、捨てられた)が、1歳の息子と会えなくなってしまったのは本当に辛い。やっと、伝え歩きしはじめ、甘えてくれていたのに・・・。今現在、精神的にもやられてしまい、安定剤を服用している始末。最低。毎年桜が咲く頃に思い出すんだろうなぁ。周りからは、自分のこれからの人生を考えろ!とか言われてますけど、子供に会いたくて、でも会えなくて・・・。辛いです。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ またまた寒いですね
投稿者:愛海 さん  ( posts:1, since 2006/03/15 )
HP:http://www.rak3.jp/home/user/aisul/
投稿日: 2006/03/15 (水) 22:47 No.79 | 編集 | 削除

急に寒くなっちゃいましたね
春はいつ来るのでしょうか
桜早く見たいね

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

投稿者削除
投稿者:  
投稿日: 2005/12/20 (火) 04:20 No.78 | 編集 | 削除

投稿者削除


Re:お話しましょう。
投稿者:翔子 さん  ( posts:1, since 2005/12/20 )
投稿日: 2005/12/20 (火) 02:17 No.77 | 編集 | 削除

記事No.61 へのコメントです。

ですね…。同感です。毎日毎日が日常が人生が悩み…私も既婚(再婚)でパートしてます子供は大きいけど、まだ私は37歳。何かゃり残しがあるような 腰据えて生活出来てない。夫へは…醒めてるかも…。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:私、来年1月で39歳になる、独身女性ですが。
投稿者:あーちゃん さん  ( posts:2, since 2005/03/09 )
HP:http://www.rak2.jp/town/user/worldteam/
投稿日: 2005/12/03 (土) 17:23 No.76 | 編集 | 削除

記事No.74 へのコメントです。

大丈夫ですよ。
それだけたっぷりと優しさも培われていく事でしょう

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 自然の旅と暮らし
投稿者:にゅううみうし さん  ( posts:1, since 2005/12/02 )
HP:http://orange-an.air-nifty.com/top/
投稿日: 2005/12/02 (金) 16:15 No.75 | 編集 | 削除

四国の最西端、日本一細長い半島、佐田岬から地域の情報を発信していますので、どうぞ。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 私、来年1月で39歳になる、独身女性ですが。
投稿者:T。 さん  ( posts:1, since 2005/12/02 )
投稿日: 2005/12/02 (金) 09:48 No.74 | 編集 | 削除

私、来年1月で39歳になる、独身女性ですが。
かれこれ、アメリカ生活も11年になりました。
日本で大学を卒業してアメリカで修士号をとりました。
こちらでは、出会いのチャンスがなかなかないので、
来年、日本に本帰国しようと思っています。’

こんな私でも日本で結婚のチャンスあるでしょうか?
とても不安です。。。

T。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ そんな昔じゃぁないよね
投稿者:猪木の母A さん  ( posts:1, since 2005/10/16 )
投稿日: 2005/10/16 (日) 23:58 No.73 | 編集 | 削除

懐かしがるとか、まだそんなに時代は変わってないと違う?確かに携帯やパソコンは無かったけど、目茶苦茶ドキドキしてた時代だったけど、今もそうだよね?って俺はのん気なんかな。あの頃、沢山の女の子と知り合ったけど、今現在、独身だもんな。結婚まで考えていた女の子も何人かいたよな。昭和42年世代です。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:はじめまして
投稿者:Crew [管理者] さん  ( posts:9, since 2005/07/31 )
投稿日: 2005/09/03 (土) 10:29 No.72 | 編集 | 削除

記事No.71 へのコメントです。

ナンバーズも、楽しんでやっていられるようなら、何も内緒にすることはないのでは? 生活に支障が出ない限り「趣味」の範疇だと思います。いい仲間がみつかるといいですね。

Crew

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ はじめまして
投稿者:胡蝶蘭 さん  ( posts:1, since 2005/08/31 )
投稿日: 2005/08/31 (水) 23:46 No.71 | 編集 | 削除

ナンバーズにはまってる方、いらっしゃいませんか???最近ナンバーズ3・4研究所に入会して毎日うれしい日々を送ってる主婦です。勿論、主人には内緒です。共通の趣味を持つお友達を探しています。ナンバーズって???という方は私が入ってるナンバーズ3・4研究所のホームページを見てください。http://www.numbers34.com/

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

投稿者削除
投稿者:  
投稿日: 2005/07/11 (月) 15:30 No.70 | 編集 | 削除

記事No.57 へのコメントです。

投稿者削除


Re:ちょっと興味があるサイト
投稿者:鉄ちゃん さん  ( posts:2, since 2005/05/26 )
投稿日: 2005/05/26 (木) 01:42 No.69 | 編集 | 削除

記事No.65 へのコメントです。


このサイト消えてますよ。
どこへ行ったのだぁ〜〜〜!!!!!雲の上を見せてくれたのになぁ
知ってたら教えてくれ〜〜。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

投稿者削除
投稿者:  
投稿日: 2005/05/26 (木) 01:40 No.68 | 編集 | 削除

記事No.65 へのコメントです。

投稿者削除


■ 笑顔で会えたらいいよね
投稿者:愛海 さん  ( posts:1, since 2005/03/09 )
HP:http://www.rak3.jp/home/user/aisul/
投稿日: 2005/03/09 (水) 20:59 No.67 | 編集 | 削除

青空。。何もかもポイッって放り出してしまいたくなる青さ。。
キレイでキラキラしているモノが好き。。
(宝石とか単純なモノではありません。念のため!笑)
だから、私もキラキラしていたいなぁ〜。
ノリ・ツッコミの関西人ですぅ☆彡 

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ はじめまして。
投稿者:月夜の猫 さん  ( posts:1, since 2005/02/26 )
HP:http://members.goo.ne.jp/home/mycat117
投稿日: 2005/02/26 (土) 23:10 No.66 | 編集 | 削除

はじめまして。
ここへ書き込みするのはまったくの初めてです。
ここのHPは6.7年ほど前に知りました。
少し入院したりしてここを離れていました。で・・・
ここの提示版のことをはじめて知りました。

初めに言っておきます。
私は精神病患者です。詳しくはHPを見てください。
でも明るく前向きに自分なりに生きています。
チャットは明るく楽しくが私のモットーとしています。

決して暗い人間ではないので見かけたら遊んでやってください。
き真面目すぎるのが欠点かな。
近所に友達がなかなかできなくて退屈しています。

ここはい心地がいいんです。
んで長居しています。
お友達がたくさんできればいいな〜(^^)


[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ ちょっと興味があるサイト
投稿者:しんちゃん さん  ( posts:1, since 2005/02/18 )
投稿日: 2005/02/18 (金) 18:34 No.65 | 編集 | 削除


写真を趣味にしてます。こんな変わったサイトを見つけました。
30代既婚女性のようです。現実と隔離された世界を見せてくれます。
写真やイラストも面白く気にいりました。
紹介したくて投稿させてもらいました。本人に内緒でもいいでしょうね。

http://amongwave.nobody.jp/index.htm

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 『性の悩み』
投稿者:なつみ さん  ( posts:1, since 2005/01/20 )
HP:http://www.seibyo.com
投稿日: 2005/01/20 (木) 14:29 No.64 | 編集 | 削除

性病や下半身のこととなると、なかなか病院へ足が運ばないものです。
知人がこういうサイトを知っていたので、参考程度にご覧下さい!!

   http://www.seibyo.com/

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 言葉じゃ届かない想いがある
投稿者:あずき さん  ( posts:1, since 2004/09/23 )
HP:http://www3.ezbbs.net/23/attchan/
投稿日: 2004/09/23 (木) 20:30 No.63 | 編集 | 削除

元気?頑張ってよね〜〜ふぁいとぉー!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )bいっぷぁーつ!!

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

Re:あ〜あ・・・
投稿者:たけちゃん さん  ( posts:1, since 2004/09/14 )
投稿日: 2004/09/14 (火) 23:45 No.62 | 編集 | 削除

記事No.57 へのコメントです。

どこにすんでるの・・ちかくならデートしたいね

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ お話しましょう。
投稿者:さとる さん  ( posts:1, since 2004/07/26 )
投稿日: 2004/07/26 (月) 09:58 No.61 | 編集 | 削除

30代は自分の人生について一番いろんなことを考える年代だと思います。結婚、育児、離婚・・・。間違いじゃなかったけど何か物足りない。ふっと虚しくなるときはありませんか?そんな時にはメール下さいね。一緒に自分を見つめなおしてみましょう。お待ちしています。既婚なので節度は持っているつもりです。ご安心を。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ 初めまして★
投稿者:あんず さん  ( posts:1, since 2004/07/20 )
投稿日: 2004/07/20 (火) 08:19 No.60 | 編集 | 削除

初めまして、おはようございます★
1967生まれ、37才、あんずです。

今は朝の自由時間、同世代の情報や相談ができればと思い、
ネットサーフィンをしていてこの掲示板に辿り着きました。

この「30代の掲示板」は最近使われていない(??)ようなので、
勿体ないなとも思い、書き込みさせていただきます。
(まず、このような場を提供していただけること、感謝します。)

ちなみに私は独身(未婚)の女性です。
現在年下の彼と同棲しています。
不安もありますが、日々幸せも感じ地道に暮らしています。

外見的には同年代に見られるので、
他人から中傷を受けたりすることは少ないのですが(たまにあります)
実際問題、最近母を病気で亡くしたり、自分も体調を崩したりで、
自分の年齢的にも人生的にも不安を感じるようになっています。

子宮に軽い病気もみつかりました。早い人だとこの年齢で更年期の症状も出始めるというし、、、結婚するしないも気になる所ではありますが、
これから自分はどうなってしまうのだろう?年老いていくだけなのか?
等、、、、不安が消えないのも事実です。

人生や心に対する専門書や五木寛之氏等の本を読んでとても参考にもなってはいるのですが、、、。五木寛之氏が何度もおっしゃるように、
「人生に不安やタメ息がつきもの」という風なのも解っているつもりなので、こうした自分の状態が何も特別ではないなって風にも思います。


いまはちょっともやもやした最中にいる感じで、
どこかしっくりこなくて自分らしくないな〜と思う今日この頃なのです。。。(同じ様な気持ちを持っていたりする方、いらっしゃいますか?)

一方、そんな不安を抱えながらも、既婚の友達主婦の愚痴を聞いてはうなずいたり励ましていたりもします。(すると正直、どこかで『私は独身だから余計に深刻なんだわ、きっと』等と自分で不安をあおってしまったりもします。)
そんな事をこぼすと、その既婚の友達は「見斬り付けて他探したら?」といいます。が、彼と別れる気は少しもないので。。。
「イイ歳をして夢見てる」等と言われたりもしますが、
彼とはずっと一緒にいたいし、結婚するなら彼としたいと思ってます。
ただ彼はどうなのか解りません。「ずっと一緒にいたい」とは言ってくれますが、結婚自体、「自分にはまだまだ先の話しで考えられない」っていう感じみたいで。

、、なにかもしいいアドバイスあったらお願いします。
う〜ん、他人の話だったら私はどうアドバイスするかな?と客観的にも考えてみます。長々失礼しました。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

■ こんな劇知りませんか?
投稿者:山猫亭 さん  ( posts:1, since 2003/12/23 )
HP:http://homepage3.nifty.com/~yamaneko/
投稿日: 2003/12/23 (火) 23:36 No.59 | 編集 | 削除

 ある日、会社の同僚との何気ない会話で、小学生の時に学校で見た映画や演劇のことが話題になりました。で、僕が高学年の時に演じられたある劇の事を思い出しました。それは劇の題名も、演じていた劇団の名前も忘れてしまったけれど、随分印象に残るストーリーでした。こんなあらすじです。
(その劇のあらすじ)
 舞台上の設定はのどかな田んぼ。そこに男の子と女の子、2人のかかしが立ってる。農作業する人達がいる間は動かないんだけど、人間がいなくなると、かかし達は自由に動き回って、仲間のカエルや小鳥と楽しく過ごしている。物語の前半(春から夏)は和気あいあいと進むんだけど、秋の場面から急展開する。
 稲穂が実ったのに、農家の人たちの様子が変。かかし達にはその理由が判らない。しばらくして、女の子のかかしが立っていた田んぼのお百姓さんは、稲を刈ることなく、かかしを連れて別の土地へ移ろうとする。女の子かかしは、引き抜かれまいと踏ん張って、抵抗しようとするけれど、結局2人は引き離されてしまう。
 実は田んぼの近くにできた工場の排水が原因で、その稲は食べられなくなってしまっていた。男の子かかしも、稲をついばんだカラスが死ぬの見て、その事に気づく。ラストの冬の場面。男の子かかしは、そのまま打ち捨てられ、命つきてしまうんだけど、その直前、仲間のカエルに、自分の足を折って作った笛を、女の子かかしに渡してほしいと託す。女の子かかしの事を想いながら、男の子かかしは息絶える。その上に降ってきた雪がかぶってゆくシーンで、物語は終わる。

 小学生向けの演劇としては珍しく、ラブストーリーが入っていて、だから印象に残ってるんだと思うのです。
 さて、この物語の上演を他に見た人、またはこの劇の原作あるいは詳細について
何かご存知の方はお知らせ下さい。
 僕が見たのは大阪市生野区の小学校(だから演じたのは大阪の劇団かも)。上演時期は確か昭和54、55年です。

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]


[ 1 / 3ページ ] 次頁 > 最後

LCHホーム へ ]
- TOP -

管理者:Crew
NICOLE's - WWWForum 3.7c